お酒の適正量について

青々とした枝豆がスーパーの軒先に並び、ビールが美味しい季節になったことを知らせています。
私の居住地区では週に一度、ビン・カンのゴミ収集と決まっていますが、
アルコール飲料のゴミはどんどん増えている様な気がします。

それは夏の影響というよりも、コロナが関係していそうです。
コロナが始まってから外へ飲みに行けない分、家飲みが増えました。

私の友人も在宅勤務になってから酒量が増えたと言います。
通勤時間が無くなった分、全ての時間が前倒しになったので、飲み始めの時間も早まったのだとか…

「翌日も在宅勤務だと思うと、さらに思い切って飲めるのよ!」と目をキラキラさせつつ、恐ろしい事を言っていました。
ですが、私の友人のような人は最近増えているのだそうです。

「自分は適量で止めているから大丈夫」と思いたいですが、果たして本当に適量でしょうか?
1日の適正量は意外に少ないかもしれませんよ?

健康を害さないようにお酒を飲むためにも、今月はお酒の適正量を勉強してみましょう。

参考資料:お酒の適切な量とは?(PDF)

  • TOPページ
  • 産業医契約
  • 産業医とは
  • ストレスチェック
  • 外部相談窓口
  • 社員研修
  • 医療機関の方へ
  • 提携先一覧
  • 取引先一覧
  • お客様の声
  • 加入学会
  • 会社案内
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • 健康宣言
  • お問い合わせ
ブログ

〒105-0004
東京都港区新橋三丁目9番10号
天翔新橋ビル

メールでのお問い合わせ

大きな地図はこちら

サイトマップ

050-5578-2414
メールフォームはこちら

メールフォームはこちら

無料見積
お問合せ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE