ブログ / Staff blog

「ストレスチェック」実施の際に気を付けるべきポイント

東京都港区の産業保健サービスです。 「ストレスチェック」を実施する際、御社ではどういった点に気を付けていますか?

本日のブログでは、ストレスチェックを行う際に気を付けるべきポイントについてご紹介いたします。
産業保健サービスでは、これまで多くの企業様の「ストレスチェック」を担当してまいりました。
業務にあたる上で忘れてはならないポイント・留意すべき点について記載したいと思います。

 

ポイント1 ストレスチェックはどういった目的で行われるのか

ストレスチェック制度は、従業員の個人情報が適正に保護され、不正な目的での利用を防ぐことで、従業員が安心して受けられ、適切な個人への対応や職場環境の改善につなげられる仕組みです。
このことを念頭において、情報の取り扱いに注意するとともに、不利益な取り扱いを未然に防ぐことが求められます。

 

〜ストレスチェック結果の取り扱いと不利益の防止(安全して受検できる仕組み)〜

◆安心して受検できる環境を整えましょう

同僚や上司など周囲に回答内容を見られる恐れがあるような落ち着かない環境で受検すると、
ありのままの結果が得られない可能性があります。

その場合、個人の結果だけでなく集団の結果にも正しく反映されません。
安心して回答できる環境・状況をつくりましょう。

◆ストレスチェック結果は個人に直接通知し、本人の同意がない限り、事業者には提供されない。

事業者が、結果の開示に同意していない従業員のストレスチェック結果を
不正に見るようなことがあってはなりません。
結果の開示に同意した従業員のストレスチェック結果や
面接指導(以下、面談)結果などの個人情報も、適正に管理し、関係者に社内で閲覧させる場合にも、
必要最小限の範囲にとどめましょう。

◆ストレスチェックの結果は、該当従業員の健康の保持増進にのみ使用される。

ストレスチェックは、従業員が自分のストレス状態を把握することが目的です。
結果の開示に同意した従業員の結果を、健康の保持増進以外の目的で使用してはいけません。
高ストレス者が多かった部署の責任者に、管理能力がないとして評価の対象にすることも避けなければなりません。

◆実施は専門家(実施者)が行い、守秘義務が課せられている。

ストレスチェックや面接指導で個人の情報を取り扱った者(実施者とその補助をする実施事務従事者)には、
法律で守秘義務が課され、違反した場合は刑罰の対象となります。

◆ストレスチェック、面接指導にかかわる不利益は禁止されている。

以下の4つの行為による不利益は禁止されています。

  • ストレスチェックを受けないこと
  • ストレスチェック結果の事業者への提供に同意しないこと
  • 医師による面談を受けたい旨の申出を行ったこと
  • 医師による面談の申出を行わないこと

不利益とは、面接指導の結果を理由として、解雇・退職勧奨・不当な配置転換・職位の変更等を行うことをいいます。
※配置転換は、たとえ会社が本人へ配慮して行ったとしても、
本人がそれを配慮と感じられなければ、配慮にはならないという裁判事例があります。

ポイント2 実施者と実施事務従事者、事業者の役割に気を付けましょう

ストレスチェックを行う場合、実施者と実施事務従事者、事業者といった役割に気を付けるべきです。
まず、実施者と実施事務従事者、事業者のおおまかな役割は以下の通りです。

【引用元】
※1・※3:
元の図は労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル((厚労省:H27年5月)より 抜粋
https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/pdf/150507-1.pdf
※2:
元の図は心理相談専門研修資料 働く人の健康づくりの動向〜メンタルヘルス対策の最近の動向〜
31ページ(中央労働災害防止協会:H27年10月)より抜粋

(※1)

流れと具体的な役割は以下になります。
それぞれに従事できること・従事できないことがあります。
その部分に気を付けて実施しましょう。

(※2)

次に、実施後から面接指導、事後措置までの流れを記載します。
それぞれの間があまりあきすぎないよう、以下の期間を目安として、遅滞なく進めていきましょう。

(※3)

ストレスチェックを行う際、様々な実施マニュアルがございます。
産業保健サービスでは上記のマニュアルを把握した上でストレスチェックを実施してまいります。

ポイント3 ストレスチェックの結果は、保存義務があります

ストレスチェック実施後には、労働安全衛生規則により保存が義務付けられているものがあります。

検査票(マークシート等)は保管の必要はありませんが、上記は5年間の保存義務があります。
他社では保管に別料金を課しているところもあるようですが、弊社では保管まで一括して行っています。

いかがでしょうか?
「ストレスチェックを実施する」といっても、様々な要素に目を向ける必要があることがわかりますね。

上記のような煩雑な内容であっても、産業保健サービスでは一括での対応が可能となっております。
「まるごとお任せ」できるため、人事担当者様からはお喜びをいただいております。

ストレスチェック実施の際にお困りのことがございましたら、まずはお気軽にご連絡ください。

 

  • TOPページ
  • 産業医契約
  • ストレスチェック
  • 外部相談窓口
  • 適性検査
  • 社員研修
  • 医療機関の方へ
  • 提携先一覧
  • 取引先一覧
  • お客様の声
  • 加入学会
  • 会社案内
  • 採用情報
  • 個人情報保護方針
  • 健康宣言
  • お問い合わせ
ブログ

〒105-0004
東京都港区新橋三丁目9番10号
天翔新橋ビル

メールでのお問い合わせ

大きな地図はこちら

サイトマップ

03-4405-9189
メールフォームはこちら